HOW TO ヘミシンク

ヘミシンクのエネルギーボックス(メンタルツール1)を想像・創造する

こんにちは!じいこすです。

アクアヴィジョン・アカデミーで注文した、ヘミシンクのCD「ゲートウェイ・エクスペリエンスWave I – Wave VII &ヘミシンク完全ガイドブック(全7冊合本版)」が届くまでに時間があります。

そこで、また図書館でヘミシンク関連本を借りてきました。

まずは「ヘミシンク入門 坂本政道・植田睦子」から読み始めました。

その中で、重要だと思われるエネルギー変換ボックスについて書いてあったので、それをさっそく作ってみました!

ヘミシンクのエネルギーボックスを想像・創造する

ヘミシンク入門 坂本政道・植田睦子」を読んでいくと、ヘミシンクをするときには「エネルギー変換箱」という、「効果絶大の想像上の道具」を用意する必要があるみたいでした。

箱はどんな形でも構いません。その重いふたを開け、中に自分が集中することを妨げるすべてのことを入れます。仕事のこと、家庭のこと、心配事、不安、恐怖心、さまざまな雑念を入れます。身体がかゆいとか、あるいは喉がイガイガするとか、そういうものを入れても構いません。

ヘミシンクをするときに、集中することを妨げるすべてのものを入れておくエネルギー変換箱とのことです。

ここに、興味深いことが書いてありました。

「想像は創造」

イメージしたものが、そのまま作られるのだそうです。

これは、けっこう大事ですね!

そういえば、この記事で紹介した書籍「誰でもヘミシンク」には、

・ゴミ箱ではなく変換するもの

・自動化するといい

と書いてありました。

ですので、そういうイメージで想像しようと思いました。

ヘミシンクのエネルギー変換箱をクリスタルにしました

僕のイメージとして最初に浮かんできたのは、イメージはぼやけていましたが、クリスタルでした。

そこで、もっと形をはっきりさせるべく、ネットでクリスタルの箱を検索していきました。

すると、イメージにしっくりきた画像が見つかりました!

これです。(出典元はオルゴナイト)

ぼやっと描いたクリスタルのイメージにピッタリで、色も綺麗です!

それから、自動化する形としても機能すると思いました。

このボックスの前に立つと、不要なエネルギーが頭頂部の穴から自動的に吸い込まれるようになっています(ということにしました)。

また、ゴミ箱ではなく、エネルギー変換箱ということなので、クリスタルボックスの中に入った不要なエネルギーは、自動的に有用なエネルギーに変換されます(ということにしました)。

これを、僕のエネルギー変換ボックスであると、想像して創造しました。

なんだか、CDを聴く前なのに、もうヘミシンクがスタートしているみたいで、すこしワクワクします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA