ヘミシンク日記

【18日目】ヘミシンクのリーボールがフラワーオブライフのマカバっぽいイメージに

こんにちは!じいこす(YouTubeチャンネル)です。

今、京都にいて、ガッツリではなく、ぽつぽつと観光をしています。

「京都!」って写真を撮りました。

定番ですね(笑)

こちらは清水寺。

青いビームが、ヘミシンクの「ライトセーバーのイメージを、補完してくれるかな?」と思って行きました。

ヘミシンクのリーボールのイメージ

さて、ヘミシンク関係ですが、wave3を聞いています。

が、寝落ちすることが多いです(笑)

まぁ、あまり気にせず、1日1セッションのペースを崩さず聞いていきます。

で、リーボールについてです。

以前から、ちょっとリーボールのイメージが弱いと感じていたのです。

そんなところに、こんな話が。

「フラワー・オブ・ライフ」という本を、興味本位でパラパラと読んでいました。

すると、「マカバ」という話のところで、ダビンチの人体図が掲載されていました。

三角形(上)の頂点が、掌一つ分上

三角形(下)の頂点が、足一つ分下

そして、この三角形は立体になっているとのこと。

そして、これが光速で回転しているそうです。

すると、ソンブレロ銀河にそっくりなのだそうです。

「立体の三角形が回転している」

このイメージは、今まで僕が思っていたイメージよりもわかりやすいな、と感じました。

そこで、今後はこのイメージでリーボールを作成してみようと思います。

ということで、本日は以上です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA