ヘミシンク日記

ヘミシンクのフォーカス10が分かったかもしれない(3日目)

こんにちは!じいこすです。

今日は、自主的に行っていた「11日断食」の10日目でした。

断食といっても、全く食べないわけではなく、それほど体重は減りません(減りますけど)し、そこまでつらくもありません(4日目はつらかったけど)。

断食は、宿便を出すことが目的です。

前回は5日目に出たのですが、今回は6日目と7日目に「宿便祭り」となって(笑)、無事に目的を果たせました!

いま感じることとしては、「身体の強度」が増した気がします。

☆ ☆ ☆

ヘミシンク フォーカス10の感想

さて、ヘミシンクは今日で3日目となり、WAVE1のsession1から6まで、ひととおり聞きました。

いまのところ全部で10回ほど聞いていて、このブログを書いた後、あと1回は聞くつもりです。

で、さっきsession2を聞いたときに、フォーカス10の感覚が分かりました。

この感覚は昔から知っている!

これが正解なのか知りませんが、あくまで僕の感覚です。

身体が、すこし温かい粘土の中に埋もれているような感覚です。

動かそうとしても動けないのですが、コンクリでガチガチに固定されているのではないです。

粘土で固められているので、動かせそうで動けないという、微妙なゆるさ。

窮屈な感じでもない、というか、水の粘土の圧力を感じているというか。

ドラえもんのマンガで、水を粘土にする秘密道具があったのですが、あれに近いのかもしれません。

あの水粘土がエネルギーの塊で、そこに全身が使っている感じ。

この感覚は、ずっと昔から知っていて、今この時になって思い出した、という感覚があります。

「この感覚は知っている!」

と思いました。

今まで、忘れていただけです。

こうやって、ヘミシンクを続けていると、「思い出す」ことが増えていくのかもしれないな、という予感があります。

ヘミシンクは、「現代文明の中で忘れられていたものを、取り戻していく旅」なのかもしれないですね。

ヘミシンクのYouTubeもやってます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA